今までに2回もへそくりが主人にばれました。お金はあってもなくても夫婦で一番、ケンカの原因になることです。

へそくりがばれた私の体験談
へそくりがばれた私の体験談

へそくりがばれて主人にとられた私のお金

へそくりがばれた私の体験談
結婚して5年も経っていませんが、2回もへそくりがばれました。
結婚当時100万円ほどの通帳を見せ、ローンはないけど貯金もコレだけしかないの。と話していました。
子供もすぐ出来、専業主婦になり家計が苦しい時はその貯金を切り崩して生活していました。
とうとうその貯金も3年目でなくなりました。
それでも、そろそろ私も働けるし、と楽観していた時に主人の曽祖父の入院、葬式、私たちの引越しとそれに伴い子供の幼稚園を途中入園にかかるお金、生命保険の支払いつきが来たりとまとまったお金が急に必要になりました。
主人と頭を抱えました。
主人の定期預金では足りません。私は悩みました。
なぜなら、私には主人に隠している80万の定期と70万の定期と50万の定期があるからです。

独身時代はそこそこ給与は貰ってるほうで、実家住まいだったので年齢の割には貯金はあったほうだと思います。

悩んだ挙句に80万の定期を差し出しました。
主人はビックリしていました。
助かったけど、今までなんで隠してきたんだ!と少し怒られました。
でもお金はあるに越したことはないとその場は和み、定期解約し、必要なものに振り分けたあと主人と私に少しだけお小遣いをそこから出しました。
2回目にばれたのは、本当に偶然で、悔しいです。

主人がいつもはあけない納戸の私の古いバックに通帳を入れて隠していました。
タバコの買いだめは納戸においており、私が留守だったので自分でタバコをとりに行くと、古いバックが目に入ったそうです。

付き合っていたときに使っていたものだったので、懐かしく思い手に取ると郵便局の通帳が出てきてそこ70万円の定期を見つけてしまったのです。

私が外出から帰るとテーブルにその通帳が置いてありました。
血の気が引きました。
また隠してから!と少し怒っていました。
罰金を取られ残りは主人名義の通帳で定期にしました。
独身時代のお金なのにと思いながらも、夫婦共有のお金になってしました。

あと50万の定期は決して見つからないようにしないといけません。

おすすめ情報

Copyright 2016 へそくりがばれた私の体験談 All Rights Reserved.